【WBC】日本対オランダ戦の感想

こんにちは、コミコミです。

昨日の日本対オランダ戦は4時間46分の死闘になり、大変盛り上がりましたね。
見ていてドキドキする心臓に悪い試合でしたが、良い試合だったと思います。

筒香選手が調子が悪かったですが、その分中田選手が活躍してくれて、
これぞチーム野球と言う感じを見せてくれました。
お立ち台に立った選手は、牧田選手と中田選手でしたが、他にも

  • 追加点やキャッチャーとしてのリードでチームを支えた小林選手
  • ファインプレーで相手のチャンスを潰した菊池選手
  • 1死満塁のピンチを切り抜けた増井選手

と、挙げたらキリがないくらい色々な選手が活躍してくれました。

ここまで4試合行ってきましたが、今大会では捕手の小林選手の活躍が素晴らしいと思います。
練習試合ではフォークボールをが取れなくてパスボールが多く、大丈夫かなと心配になりましたが、
ここまで全試合出場していますが、捕手としてのミスがなく、小久保監督の見る目はすごいなと思いました。
また、打撃に関してもシーズン中.204でリーグ最下位という不名誉な状態で、全く期待していませんでしたが、
WBCでは.455とかなりの打率を残していて、もしかして国際大会に出て、凄い勢いで成長しているのではないかと感じています。
これはWBCが終わったとしても、シーズンでの活躍が期待できシーズンでの活躍が期待できるのではないでしょうか。


コミコミでは送料・ポイント込みの値段で検索が出来ます。良かったら使ってみて下さい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です