日本対オーストラリア戦の感想

こんにちは、コミコミです。

昨日は日本対オーストラリア戦が行われ、4-1で日本が勝ちました。
前半は菅野選手がホームラン1本だけに抑えてくれましたが、
去年と一緒で相変わらず菅野選手は援護率が低いことには笑ってしまいました。
菅野選手は去年ダントツのリーグ最下位で援護率2.88だったんですよ。
これは、9回まで投げて2.88ですから、先発投手は大体6回までですよね。
そうすると、援護点2点…6回まで平均で1点に抑えないと勝利投手になれなかったわけです。
先発投手で防御率1.00の投手…そんな投手ありえませんよね…。
その中で9勝した菅野選手は素晴らしい投手だと思います。

それと、昨日の試合で印象に残ったことがありました。
5回裏、2番手の岡田俊哉(中日)がストライクが入らなくて、1死満塁で2ボール、ノーストライクになったときです。
場内の日本ファンが「岡田頑張れー」と大きな声援と拍手が沸き起こりました。
その直後にダブルプレーに抑え、東京ドームは拍手喝采に包まれましたね。
日本のファンの暖かさを感じるいい場面だったと思います。

本日は日本代表戦はありませんが、明日3月9日(金)はWBC日本代表の第3戦、日本対中国が行われます。
19:00プレイボールなので遅れないように早く帰りましょう。

コミコミでは送料・ポイント込みの値段で検索が出来ます。良かったら使ってみて下さい。

関連記事

1件の返信

  1. komikomiblog より:

    ピンチの時に、自分たちの選手に激励の拍手する。素晴らしかったです。
    球場もみんな一体となって内野席からも応援が聞こえてました。
    この激励を最初に始めたのは北海道日本ハムファイターズのファンですよー。(≧▽≦)
    3ボールになってしまった時や、2ボールノーストライクなどのピッチャーが不利の時にガンバレ~(^o^)/
    と、さざ波のように拍手をして激励したのがきっかけです。
    今では札幌ドームの名物です!!
    北国の方はホント優しいですね。(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です